« December 2004 | Main | February 2005 »

Put it in the trash.

「Put it in the trash.」が通じるようになったのは良いのだけれど、寝室のごみ箱しかtrashとして認識していないようで、わざわざ寝室までごみを捨てに行きます。
「Touch.」…手で私の手のひらをパチッとたたきます。座り込んでいるときに「立っちして」と日本語で言っても、「Touch.」と勘違いして手をたたいてきます。結果的に立ちあがるからいいんだけど…(汗)
「Go get your shoes.」…玄関から自分の靴をベランダまで持ってきます。ベランダのチューリップに水をあげるのが丸の日課です。
「Dry yourself off.」…お風呂から上がるとタオルで体を拭きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10日分一気書き!

私の実家に8ヶ月ぶりに帰省していました。
私も丸も一週間、英語から離れた生活を送っていました。
また取り戻すの、大変そう…

福岡に戻ってから、まずたまっていた英語日記を片付けました。10日分もためこんでました。
英語日記をつける上で、アルクの英辞郎 on the Web英語表現事典はとても役立ってます。

現在発売中の「NHK英語でしゃべらナイト」2月号に、「英語で日記を書いてみる」の著者、石原真弓さんの「私の英語勉強法を紹介します!」という特別付録がついていました。
英語一文を徹底的に掘り下げて学習するというもので、以前紹介されていた勉強法の実践編です。
あの付録だけ売ってくれないかな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなに持ってるの?

先日、未読洋書を入れたカゴ(100円ショップで購入)を居間に出していました。
それを見たパパが一言…「こんなに持ってるの??」
ぎゃー!ばれてしまいましたかー!
アマゾンだと1500円以上の注文で配送料無料になるので、パパの本と合わせて発注することが多く、少しずつチョコチョコ買っていたのです。
改めてまとめて見て驚いたみたいでした。
「まだこんなに読んでないのがあるのに、すぐ次の本注文しちゃってごめんね。でもちゃんと読み終わったのもあるよ。」と言い訳すると、「うん。最近すごく読んでるよね。頑張ってるね。」と言われました。英語の本を読んでいると娯楽なのに、"頑張ってる"って思われるのは得です。

↑一応謝ってますが、実はあまり反省していない私。
なぜなら、パパの本の購入ペースは私の数倍なのです。(和書ですが。)
アマゾンの本はパパの職場で受け取りしているので、きっと私の知らないところでかなり買っているはず…
「本代はケチケチしたくない」というのが二人の一致した意見という、典型的なオタク夫婦なので、これからも増えつづけるでしょう。

でも、少しは未読棚(正確には未読カゴ)を軽くするよう、反省しようね、私。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

100回聞く!

英語のCDもかなり増えてきました。
洋楽は3枚くらいしか持ってないのですが、英会話、発音、リスニング、英文法などのCD教材に加え、子供用の英語の歌、オーディオブックなどなど…
それでもまた欲しくなるから不思議です。
どれもこれも身につくまで聞けてないのが問題です。
そこで、"1枚当たり100回はかけること"を目標にしました。
同じCDばかりでは飽きてしまうので、色々織り交ぜながら聞いていこうと思います。
iTunesでは再生回数が記録に残るし、再生回数ごとに並べ替えもできたりします。
よく聞いているものとあまり聞いていないものが一目瞭然。
100回聞けたら、この日記にも書こうと思います。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Fly away !

しょっちゅうあちこちぶつけているので、"痛いの痛いのとんでけ~"で、「Fly away !」を覚えたようです。
この言葉を言うと、腕を上へ振り上げるようになりました。
私の言い方がおかしいのか、痛い時でもこの言葉でニッコリ笑います。
それから、My Very First Encyclopedia Animalsを読んでいたら、動物の説明文に出てくる「Nose」という言葉に反応し、自分の鼻をしきりに触っていました。この本は本当に買ってよかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海野つなみファン

15年くらい前から私の大好きな漫画家さんが、海野つなみさんです。
ファンレターも出したことがあり、お返事も何度かいただきました!
かわいらしい絵も、読んだことがないような個性的なお話も大好きなんですが、なんといっても書き文字がとってもおもしろい!
深刻な話でも読めてしまうのは、この書き文字のおかげだと思います。
これまで年に1冊出るか出ないかのスローペースでコミックスを発表してきた海野さんですが、なんと今月二冊同時に発売されました!!
回転銀河 3 (3)
は、オムニバス形式の連載作品。姉弟の恋のお話は、実際弟のいる私は引いてしまうのですが、その他のお話は楽しく読んでます♪帽子を手作りしちゃうような女の子って素敵だなぁと思いながら読みました。4巻以降もでるようです。
tsunamix
は読みきり集です。偶然ですが、私が今読んでいるナルニアの話が一コマだけ出てきたので、びっくりするやら嬉しいやら。私の勝手なイメージですが、海野さんも川原泉さんと同じで本をたくさん読んでいる方のような気がします。この中では「リフォーム父さん」が一番好きでした。日常のふとした幸せに気づかせてくれるような作品でした。

確か兵庫県出身で、阪神大震災と関連したお話も描いていらっしゃたし、年末に大きな津波があった時は、PNとはいえきっと人一倍心を痛めたのでは…と思います。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

appleとowl

丸が、appleとowlを言い始めました。
発音は、私よりははるかに良いように感じます。
owlはクリスマスに買ったMy Very First Encyclopedia Animalsで覚えました。
言葉が遅めの丸ですが、これからぶわーっと増えてくれることに期待したいです。

ちなみに最近覚えた日本語は「あっちー(熱い)」です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Good Evening Dear Moon

おつきさまこんばんは 英語版―Good Evening Dear Moon (with CD)図書館で借りてきました。
CDも借りられるのですが、今回はとりあえず本だけ借りてみました。
シンプルながらも、まん丸のお月様の表情が豊かで丸も気に入ったようです。
裏表紙の舌をだしたお月様を真似て、あっかんべーしていました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

図書館へ行くと

近所の図書館では、子供のコーナーは作者の国別に本が並べられています。
英米のコーナーにいくと、おもしろそうな邦訳がたくさんあります。
「せっかくだから先に原書で読みたいなー。」と、結局借りずに帰ってしまうんですが…
本選びには参考になってます。っていうか、ますます読みたい洋書が増えていってます。収拾つくのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ALL IN ONE 第5章まで

ただいま2周目ですが、結構単語を忘れてます…。
文法も忘れていることがあり、「ああ、そうだったっけ?」と思うことがしばしば。
やっぱりALL IN ONEは続けなくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iTunesで英語かけ流し

Magic Tree House Collection英語のかけ流し用に、発作的にiPod miniが欲しくなったのですが、「まてよ、iTunesがあればいいじゃないか!」と冷静になって、踏みとどまっています。
iTunesは音質はあまりよくないようですが、スピーカーを変えたところ、なんとか音が割れない程度(カセットで聴くくらい?)になりました。再生回数が記録されるところもいいですね。
このごろはこのMagic Tree Houseの朗読CDを聴いています。

| | Comments (34) | TrackBack (0)

読書ノート

050108_1438.jpg主人と共に大好きな川原泉さんは、かなりの読書家のようで、「まるごと川原泉 第3号」に”読書の掟10か条”というものが紹介されていました。
その中で私がいいな、と思ったのは「読書ノートをつける」というもの。
感想に限らず、登場人物とか、印象に残ったシーンなどをメモっておくのだそうです。
私の場合、洋書を読んでいると外人の名前に親しみが無いため、誰が誰だかわからなくなることがあります。
これからシリーズものに挑戦したいと思っているので、混乱を避けるため登場人物をノートにメモってみようと思います。
そこでいつも形から入る私は、かわいいノートを買ってみました。フリー日記帳です。税込み892円もしました。頑張って読んで、頑張って書くぞ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kiss me.

ついに「Kiss me.」が通じるようになりました!
ちゅっ!っとキスしてくれます。
口開けたままされることもあるので、よだれをつけられることもあるのですが、それでも嬉しいんですよね~(#^^#)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sarah, Plain and Tall

Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga (Paperback))届いて二日ほどで読み終えました。
文章は難しくないのでしょうが、何故か私には読みにくかったです。
ストーリーに関しては、Sarahのホームシックがひどく、主人公の女の子たちがめちゃめちゃ気を使っている様子がなんとも不憫で、かわいそうでした。
子供にこんなに気を使わせるなんて…と思ってしまったのは、私の読解力が不足しているからなのかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Go go!

元旦に丸がはじめて発した言葉は
「Go go!」でした。
主人の実家で、ねじを巻いて走らせる人形で遊んでいた時のことです。
しかも右手の人差し指を、空を切るように横にふって「Go go!」と指示を出していました。
フレーズ自体は、SWRから覚えたのかな、と思ったのですが、動きは一体どこで覚えたのか、不思議です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005年の目標!

あけましておめでとうございます。
年末にパソコンが壊れ、丸の写真や、年賀状のイラストや、メールのデータがすべて失われ、ショックを受けた美野里です。
それにしても、これまでカウントしていた、洋書の読書語数まで失われたのは残念でした。
図書館で借りた本などは、もう語数がわからないのであきらめて、わかる分だけ計算しなおそうと思います。
おそらく2005年は30万語くらいからのスタートとなりそうです。

2005年の目標は、
・ファンタジーを中心とした、おもしろそうなシリーズ物の洋書に挑戦し、100万語にできるだけ近づけること
・細々でも英語で日記をつけつづけること
です。
一年後、まだこの記録が続いていれば、振り返って見たいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« December 2004 | Main | February 2005 »