« December 2005 | Main | March 2006 »

36w6d 産まれました

明日から正期産だ~、と思っていたら、朝からお腹が痛い…
この覚えのある痛みは……腸閉塞!?また?
昼過ぎまで様子を見たのですが、痛みはおさまりません。
心配した母から、「早く病院に連絡しなさい!」と説得され、職場の主人に連絡→すぐ帰ってきてくれたので、母と丸には自宅待機してもらい、主人と二人でかかりつけの産院へ向かいました。

腸の動きを良くする点滴をしてもらったのですが、お腹はますます痛くなります。
「もう赤ちゃんも大きいし、お産して赤ちゃんを出して腸への圧迫を取ったほうが早いかも。」という院長先生の判断により、陣痛促進剤を使ってお産することになりました。
ついこの間まで張り止めの薬を使っていたのに!真逆の陣痛促進剤を使うことになるなんて!

陣痛促進剤の点滴を開始すると、ジワジワ陣痛がやってきました。
予定外に立会いすることになった夫。私より緊張していたんじゃないでしょうか。
あっという間に子宮口7cmまで行きましたが、そこから強い陣痛がやってきました。
お腹の中からものすごいパワーの圧力を感じ、思わず「う~~~!!!」と声が出てしまいます。
「もういきんでもいいですか?」と何度も助産師さんに確認するのですが、なかなかOKがでません。
そうこうしているうちに、頭が出てくる感触が。
「肩がでますよ。」と言われ、「え?もう?」と思っていたら、赤ちゃんが出てきました。
結局いきまずにお産終了。一生懸命いきみ逃ししているつもりでも、私は無意識でいきんでしまっていたのかな?
赤ちゃんはすぐに私の胸に乗せられました。
元気に泣いてくれたのでホッとしました。
夫も感動したらしいです。
分娩時間1時間45分、2,692gの次男が誕生しました。

名前はギリギリこの二日前に決めていました。
HNは作(さく)です。長男の丸(まる)同様、これからよろしくお願いします。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

36w4d 再びかかりつけの産院へ

入院していた総合病院の主治医からの手紙を持って、かかりつけの産院へ行って来ました。
先生からの最初の一言は「(臨月まで)よくもったね~。」

ベビーはすでに2500gは超えているようです。
子宮口は柔らかく変わらず2cm開いていて、頭も下に下がってきていました。
確かに胎動やお腹が張るときに膀胱やお尻を圧迫される感じが強いはずです。


| | Comments (8) | TrackBack (0)

36w3d 一時退院

今日、切迫早産で入院していた某総合病院を退院しました。
なんとか張り止めの薬で、赤ちゃんを臨月までお腹の中にとどめることが出来たので、今後はこれまで見てもらっていた近所の産院に戻ります。
半月の入院中に読了した本は以下の4冊↓

クロノス・ジョウンターの伝説
夫から薦められた「軽いSF」。SF苦手な私でも楽しく読めました。SFというより恋愛小説です。「黄泉がえり」と同じ作者だそうです。

「日本の問題点」をずばり読み解く
大好きなTV番組「たかじんのそこまで言って委員会」のレギュラー:三宅久之さんによるわかりやすい政治の本。勉強になりました。

憲法はむずかしくない
「週刊こどもニュース」の元お父さん役:池上彰さんによる憲法の本。子供向けなので非常にわかりやすかったです。深く勉強している方の意見は重みがあります。

のだめカンタービレ #14
前の巻の話をすっかり忘れてしまっていたので、もう一度13巻を読み直さなきゃ…

| | Comments (25) | TrackBack (0)

34w2d 切迫早産

昼頃トイレに行くと、出血が……!
日曜でしたが慌ててかかりつけの産院に行くと、「前回の妊娠の時と同じく、すでに子宮口が2cm開いてます。入院になります。」
!泣!
今生まれた場合、ここの産院では未熟な赤ちゃんのフォローが出来ないらしく、大きな病院へ救急車で転送されました。
丸のときにもお世話になったなつかしの「ウテメリン」という張り止めの点滴が早速始まりました。
この薬、私は苦手で、心拍は上がるし、すぐ血管からもれて毎日のように針を差し替えなきゃいけないし、本当に泣かされました。
貧血もひどく、毎日鉄剤の注射が…イタイヨウ…

その間、困ったのは丸のお世話。
実家の母に産後来てもらう予定でしたが、半月早くお願いすることにしました。

私の妊婦ライフはやっぱり、波乱万丈だぁ~

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Someday Angeline

Someday Angeline2006年最初の読了本。
「Matilda」からの天才少女つながりでこの本を選んだのですが、主人公Angelineの天才ぶりを感じられるエピソードが少なく、”普通の女の子”のお話という印象でした。
その分、家庭や学校での人とのすれ違いがより深刻で、読んでいて辛くなることもありました。
しかし、ある男の子とその担任の先生と知り合うことにより、Angelineは救われます。
やはり人との出会いは大切ですね。それから良い本との出会いも。
英語はとても読みやすかったです。
ちなみに、「Dogs Don't Tell Jokes」はこの作品の続編だそうです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

33w5d 体重2015g

新年明けて、初めての検診です。
正月休みのなかった夫ですが、今日だけは休みだったので丸と一緒についてきてもらいました。
ベビーの体重はあまり増えていませんでしたが、「位置などにより測定誤差がでるから、前回多めに計測されたのかも。標準ですよ。」と言われました。
丸は小さめで38W0Dで2317gで産みました。
肺が完成する37Wまでお腹の中でのんびりしててね~。
お正月に餅を食べ過ぎた私の体重もなんとかキープ。現在妊娠前に比べ、+6.5kgです。

今日は初めて3Dも見せてもらえました。
左向きの横顔でしたが、鼻が大きい所(パパ似)や口がとんがっている所(ママ似)を総合すると、やっぱり丸に似ている気が…
年賀状でお子さん達の写真がたくさん届きましたが、どこも親に似ているのが面白かったです。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2006年の目標!

あけましておめでとうございます。
妊娠9ヶ月に入ったので、今年は里帰りなしで自宅でのんびり過ごしている美野里です。

英語に関する今年の目標を書いておきます。
2005年は34万語からのスタートで、100万語にできるだけ近づけるつもりでしたが、6月に第二子妊娠が判明し、つわりの期間(約4ヶ月)英語から離れた生活を送ってしまいました。
結局63万語までしか進めませんでした。

・今年こそは100万語に到達する!?(レベル4-5のものを中心に読む。)
・簡単な英会話表現の丸暗記をする!
・ALL IN ONEなどの英文法書で、精読の技術を磨く!

出産&二人の子育てが待っているので、さらにスローペースになること必至ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | March 2006 »