« The Battle of Newton Road | Main | アマゾンで買い物 5 »

Sammy Keyes and the Hotel Thief

Sammy Keyes and the Hotel Thief日本語の「少女探偵サミー・キーズとホテル泥棒」を本屋さんで見て以来、「面白そう。これを原著で読んでみたいなぁ。」と思っていました。
さらに「ミステリではじめる英語100万語」でもお奨めされていて、レベル的にも私でも何とかなりそうだったので、これは読むしかない!と挑戦してみました。

これが、かなり手ごわかった…
主人公の12歳の少女、Sammyの語り調でお話が進むのですが、口語表現に慣れていない私にはなかなかわかりづらかったというのが本音です。
邪道ですが、日本語の本を平行して読みました。
でも後半は面白くて、ハラハラドキドキ勢いに乗って一気に原著を読んでしまいました。
ミステリが多読に向いているというのは、この「やめられないとまらない作用」のことでしょうね。
読んだ後はすっきり爽快な気分でした。
私は主人公のSammyとそのおばあちゃんの関係がなんとも言えず好きです。
続きも読むつもりです。

|

« The Battle of Newton Road | Main | アマゾンで買い物 5 »

洋書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30985/12374479

Listed below are links to weblogs that reference Sammy Keyes and the Hotel Thief:

« The Battle of Newton Road | Main | アマゾンで買い物 5 »