« 06年12月の洋書絵本 | Main | A Color of His Own »

Harry Potter and the Chamber of Secrets

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)【レベル 6.0−7.0/総語数 85,000語】
ハリーポッターシリーズ、第2巻。

ついに読み終わりました~。1巻読了から2年も経っています。
映画はすでに2回ほど見た上で読んだので、私でもなんとかなりました。
映画を見ていなかったら、Moaning Myrtleのシーンや、秘密の部屋へ向かうあたりの描写は読み取れなかったと思います。
ただし、映画ではカットされていたシーンも原作にはいくつかありました。

この本は目に付くところにいつも置いていて、ちょこっとずつ読んできました。
なので、結構ボロボロになってます。
3巻は映画をまだ見ていないので、まず朗読CDで聴いてみて、わからなくなったら原書を読んで、それでもわからなかったら映画を見てみたいです。
これまで1,2巻はUK版を読んだので、3巻もUK版にするつもりでしたが、今現在アマゾンではUK版の朗読CDは発送に時間がかかるようで…
3巻はUS版にしようかなー。どうしよう。

ところで、最初の目標だった100万語を、ついにこの本で通過しました!
次の目標、200万語に向けて頑張ります。

|

« 06年12月の洋書絵本 | Main | A Color of His Own »

洋書」カテゴリの記事

 レベル6」カテゴリの記事

Comments

It's amazing in favor of me to have a web page, which is useful designed for my know-how. thanks admin

Posted by: best dating sites | 12/27/2014 at 11:24 PM

Do you have a spam issue on this site; I also am a blogger, and I was wanting to know your situation; many of us have created some nice methods and we are looking to exchange techniques with other folks, please shoot me an e-mail if interested.

Posted by: best dating sites | 12/21/2014 at 04:56 AM

Thanks for the marvelous posting! I actually enjoyed reading it, you are a great author. I will remember to bookmark your blog and definitely will come back from now on. I want to encourage one to continue your great writing, have a nice holiday weekend!

Posted by: best dating sites | 12/19/2014 at 03:43 AM

>いとりんさん、お久しぶりです。
忘れないで来ていただいて、しかもお祝いの言葉まで、ありがとうございます!

休み休みでしたが、ついに100万語に到達しました。
変わったことは、スタート時より英語が好きになったということでしょうか。

子供たちは、かのりんちゃんのような成果がちっとも見えないのですが、読書の一環で英語の絵本もぼちぼち読み続けています。
本人が嫌がらないうちはこれからも続けていこうと思っています。

親子で100万語!頑張りましょう!

Posted by: 美野里 | 12/27/2006 at 02:55 PM

美野里さん、お久しぶり~!!
いとりんです~。
100万語突破おめでとうございます!!
私も10月末から、重い腰をあげ
ついに多読をスタートさせました!
今、32万語です~。
100万語にはまだまだかかりそうですが
ぼちぼちがんばろうと思います~。
お勧めの本があれば、また教えてくださいね!ちなみにハリポタは、ずいぶん前に3巻まで読んで、飽きてやめちゃいました~(笑)

Posted by: いとりん | 12/26/2006 at 10:30 PM

>はなさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
まだハリポタをご存じないなら、これから原作を読むか、まず映画で楽しむか、CDを聴いてみるか…日本語版も読んで違いを楽しむって方法もありですね。いずれにせよ楽しみですね!
ファンタジーをあまり知らない私でも、後半はいつもぐいっと引き込まれます。盛り上げ方が本当に上手いなぁと思います。

このシリーズの朗読CDは、実は私はまだ聴いたことがないんです。
最近、ほんの少し、息子の見ているトーマスの英語が聴き取れるようになってきたので、ハリーポッターの朗読にもこれから挑戦してみようかな?くらいの段階です。
なので、はなさんに目指されるような者ではないのです…

これまでよく聴いて来たORTもトーマスも、米語でなく英語なので、私にはUK版の方がいいかな?と思っています。

Posted by: 美野里 | 12/15/2006 at 01:07 AM

100万語通過andハリポタ2巻読破おめでとうございます。今まで大変だっとろうと思います。わたしも美野里さん、目指して頑張りたいと思います。
ハリポタの朗読CDを聴いてから本を読まれてるんですね。その方が効果ありますか?
実はハリポタ、あんなに有名なのに、私は読んだことも、映画で見たこともないんです。ハリポタを読む方は多いようですが、お恥ずかしい限りです。

これからもブログの更新楽しみにしています。頑張って下さいね。私も美野里さん目指します・・・。

Posted by: はな | 12/14/2006 at 05:43 AM

>雫さん
こんばんは!もう100P!それだけ早いということは、雫さんの英語力もさることながら、お話も面白いんでしょうね。
Adult Editionを読んでらっしゃるとか。
私は、1巻は小さいサイズ(中の文字は大きめ)で、2巻は大きいサイズ(中の文字は小さく詰まっている感じ)を買ってしまい、そろってないのが無念です。
本棚に並べたとき、少し悲しい…

超スローペースの3年目にしての100万語ですが、みなさんのブログのおかげで、英語への興味を失わずにのんびり続けられているのだと思います。
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: 美野里 | 12/14/2006 at 01:17 AM

>とまと☆ままさん
こんばんは!
ハリーポッターの朗読CDのこと、とまと☆ままさんにも聞こうと思っていたんです。以前記事にされていたので…
1巻を買ったのが、2001年の冬だったか、当時は安いほうという理由だけでUK版を買ったんだと思います。
買ってすぐは挫折したのですが、2004年になんとかリベンジ(?)しました!

今度の日曜に福岡天神の書店をあたってみて、朗読CDを買うか、決めようと思います。あるかな?
買ってすぐは全く歯が立たないかもしれないけれど、200万語、300万語と積み重ねていけば、いつかは楽しめるようになりますよね…?

Posted by: 美野里 | 12/14/2006 at 01:09 AM

美野里さん、こんばんは♪
ハリポタ読了おめでとうございます~。
私は今日もお風呂の中で読んでました。もうすぐ100ページですが、350ページを超えるボリュームなのでまだまだ先は遠いです。
アズカバンのCDは7~10日以内発送になっていますね。私もUK版が聞いてみたいので一番安い一巻のを買ってみようかな・・・。
それと・・・
100万語通過おめでとうございます(*´∇`*)
とまと☆ままさんがおっしゃる通り、これからもたくさんの素敵な本と出会って下さいね~。

Posted by: | 12/13/2006 at 08:25 PM

美野里さん、こんにちは!
ハリポタ読了おつかれさまでした☆
私の1巻と2巻もボロボロですよ~。
そのボロボロ具合に逆に愛着がわいちゃうぐらいです(笑)。
US版の朗読、いいですよ!声の使い分けがとても上手で、まるでドラマでも聞いてるみたいな感じです。3巻以降の方が聞きとりやすい気がするので(私は1・2巻の方がスピードが速く感じます)手始めにちょうどいいと思いますよ♪
・・・あ、でも私はUKを聞いたことがないのでUK版の感想を聞いてみたい気もする(笑)。

そして、100万語通過おめでとうございます。これからも素敵な本たちとの出会いがありますように♪

Posted by: とまと☆まま | 12/13/2006 at 10:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30985/13004274

Listed below are links to weblogs that reference Harry Potter and the Chamber of Secrets:

« 06年12月の洋書絵本 | Main | A Color of His Own »