« January 2007 | Main | March 2007 »

Chemical Secret

Chemical Secret【レベル 3.2-3.4/総語数 10,000語】
Oxford Bookworms Libraryの Stage3 です。(OBW3)

化学の専門的な話だったらいやだなぁと、思いながら読み始めたのですが、公害を中心とした社会問題を扱ったお話でした。
と書くと、「真面目で難しい話?」と思われそうですが、文章が読みやすいので、全く難しさは感じません。
それどころか、シリアスな展開にどんどん引き込まれ、あっという間に読了してしまいました。
これまで読んだGRの中では、文句なくベスト1!です。

後で知ったのですが、GRの中ではとても有名な作品なんですね。
OBWは、怖いお話が多そうで敬遠していたのですが、紙質もいいし、フォントも読みやすいし、いい感じ♪
あの黒縁の表紙だけは、苦手ですが…

| | Comments (7) | TrackBack (0)

英文がスラスラ書ける魔法のフレーズ48

英文がスラスラ書ける魔法のフレーズ48別の本を買うつもりが、この本を衝動買いしてしまいました。
表紙がかわいかったので、手にとってパラパラパラ…以前、英文日記は見事に挫折してしまいましたが、また「英文を書いてみたいなー」という衝動にかられました。
時々アウトプットに挑戦したくなるのです。

英文ライティングの頻出表現を、「魔法のフレーズ」と呼び、まず解説→応用した練習問題→さらに解説→総まとめ、という流れです。
解説が詳しくて、英文法の再確認にもなりそうです。
ぼちぼちマイペースでやっていこうと思ってます♪
英語で手紙くらい書けるようになりたいなぁ~。

| | Comments (83) | TrackBack (0)

コンプリートしたいシリーズもの

コンプリートしたいシリーズもの

アマゾンのインスタントストアを利用して、私が気に入ったシリーズものをまとめてみました。
まだどれも1-2冊しか読んでないんですけどね…巻を追うごとに面白くなりそう、という期待も込めて。
読了本には★マークをつけています。
まだ作成中で、超有名なものしか載せていないですが、いつか「マイナーだけどこれは面白い!」というようなシリーズものを紹介できたらいいですね~。
それが目標です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1984

1984【レベル 4.0-5.0/総語数 21,332語】
Penguin Readers の Level 4 です。(PGR4)

最初、設定がよくわからず、つまづきました。
そこでWikipediaで大方のあらすじを確認し、続きを読んだところ、途中から物語に引き込まれ、後半は勢いに乗って読み終えました。
はっきり言って、ものすごく暗く、重く、怖いお話です。(表紙が物語っていますよね。)
フィクションと思えない奇妙なリアリティがあって、それがとっても怖いのです。
拷問シーンは読んでいて息苦しくなりました。GRでも辛いのに、原書ではどんな描写がされているのか…考えただけでも恐ろしい…
GRは息抜き用としていたのに、これじゃ息抜きにならないよー(冷汗)
再読する勇気は私にはありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Forests of Silence

The Forests of Silence (Deltora Quest)【レベル 5.0-6.0/総語数 26,803語】
デルトラクエスト#1です。

かなり前に購入していたのですが、表紙のインパクトが強すぎてずっと開かずにおいていました。
今回、アニメ化記念で、読んでみることに。
一年前、同じ作家さんの
Rowan of Rin, 1」を読んだ時、なかなか面白かったので、きっとデルトラも面白いんだろうな…と期待していましたが、期待通り!
正統派ファンタジー。登場人物も少なく、設定もシンプルでわかりやすい!展開も早いので、ぐいぐい引き込まれます。

英語は、進むうちにだんだん読みやすくなってきました。
出てくる動詞がある程度決まっているので、定着させれば、もっと慣れて早く読めるようになるでしょう。
スカラのHPによるReading Levelは4.4。これからはブッククラブを利用して、スカラの本ももっとたくさん読みたいと思っているので、この数字を本選びの参考にしたいと思います。
出てくるモンスターのイラストなどが全く入っていないので、自分の想像力だけに頼りましたが、和書で「デルトラ・クエスト モンスターブック」という本があるようで、見てみたいです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Wiiで似顔絵

一ヶ月前に、Wiiを買いました。
あんまりゲームをする暇はないのですが、似顔絵を作るのが楽しかったです♪
↓こちらが私です。
070218_0109_1
あんまり似てない気がしますが、おでこが狭いところ、前歯が目立ってるところ、色黒なところは合ってます。

↓夫です。
070218_0115
丸も絶賛するくらい似てます。

↓長男の丸(3歳)です。
070218_0113
まぁまぁ似てるかな?

↓次男の作(1歳)です。
070216_1804_1
これは似てます!

| | Comments (22) | TrackBack (0)

Stargate

Stargate (Penguin Reading Lab)【レベル 3.2-3.4/総語数 8,000語】
Penguin Readers の Level 3 です。(PGR3)

苦手なSFで、難しかったです。
「Ra」という存在はなんなのか?
スターゲイトを通って、時間を移動するのか、空間を移動するのか、はたまたその両方なのか、最後までわからず、混乱しました。

映画があるのは知っていたのですが、事前に見ていれば読みやすかっただろうな。
夫は深夜に連ドラで放送されていたのを見たことがあるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thomas & Friends (3pc)

2歳直前、乗り物に興味が出始めた丸に、英語を聞かせるつもりで買ったトーマスDVD3枚組み
以来、丸のトーマス熱は収まるところを知りません。
ガチャガチャ、お菓子、プラレール、絵本、洋服…どれだけトーマスに投資したことでしょう。
朝起きて寝るまで、90%はトーマスの話をしています。
おかげで、色、数字、カタカナをマスターすることができましたが。

2年がすぎ、夫が「そろそろ別のDVDも買ってあげたら?」と言ったので、私がセレクトして、また割安な3枚組みにしました。
Thomas & Friends: (3pc)

トーマスのDVDはリージョンの関係で、日本のプレーヤーで再生できないものもあるので、アマゾンのレヴューを参考に注意して選びました。
英語オンリー、字幕なしですが、もうトーマスに精通した丸は問題なく楽しんでいます。
最近は作も興味を持ち始め、特に歌が好きでよく踊っています。

思うのは、2年前に比べ、私もトーマスの英語がかなり聞き取れるようになったということ。
トーマスで成長しているのは、丸だけじゃない?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Story of Dr. Dolittle

The Story of Dr. Dolittle: Being the History of His Peculiar LIfe at Home and Astonishing Adventures in Foreign Parts (Yearling Book)【レベル 4.0-5.0/総語数 25,097語】
ドリトル先生の第一巻。読了しました。

夫が子供の頃、大好きだったらしく、「おもしろいよ」と薦められ、読んでみました。
動物の言葉が話せるドリトル先生。次々と襲いかかる難問をいかにしてクリアするのか?と思っていたら…
解決するのはほとんど動物たち!
先生は動物の治療以外なーんにもしません。
「お金なんてくだらない!」とお金を稼ぐことを放棄したり、身の回りの世話をしてくれていた妹に「結婚でもして出て行けば。」と追い出しちゃったり、とにかく浮世離れしています。

英文自体は、レベル5くらいに感じました。関係代名詞がよく使われますが、基本的に頭から読みやすく、知らない単語もほとんどなかったです。

ニューベリー賞を受賞した第二巻「The Voyages of Doctor Dolittle」も、いつか読むつもりです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »