« February 2007 | Main | April 2007 »

Love or Money?

Love or Money?【レベル 2.0-2.2/総語数 7,300語】
Oxford Bookworms Libraryの Stage1 です。(OBW1)

一応、推理小説かな?
推理する楽しさを味わうことは無理ですが、(珍しく)私が最初から「この人は怪しいな」と思った人が犯人でした。
英語はとても読みやすい。OBW1、なかなかいいです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

NHK語学講座 07の新番組

もう4月だ~!
この季節になると、NHK語学講座、気になってしまいます。
2006年はほとんど視聴できませんでした。今年も、続けてやることは無理ですが、家事の合間に聴けたら良いな。

気になる新番組は…なんといっても「きょうから英会話」!
理由は、私の大好きな「ピエール瀧」氏が出演するから。
大学時代に聴いていたオールナイトニッポンの頃から、面白くて大好き。電気グルーヴのCDもかなり聴きました。弟にも薦め、その後付き合い始めた彼(現在の夫)にも薦め、二人ともすっかり電グルファンに。
今は、おでんくんのジャガーやミラクルさんの声優さんとしても活躍されてますよね。

しかし、今回のテキストの表紙、あんまりじゃないですか??
例年はすごくかわいらしかったのに…シンプルにもほどがある!
1年間、あの表紙かと思うと、本屋でちらっと読むだけの私ですらがっかりです。

「英語でしゃべらナイト」もメンバーチェンジするみたいです。
釈さんや松本アナが随分上達したからかな。寂しいけど、新メンバーに期待します!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

The Monkey's Paw

The Monkey's Paw【レベル 2.0-2.2/総語数 4,900語】
Oxford Bookworms Libraryの Stage1 です。(OBW1)

表紙からして怖いですー…。
このレベルの英文で、これだけスリリングなお話はスゴイと思います。
ラストはやや拍子抜けかな?
人間の欲望ほど、底がなく、恐ろしいものはないのかもしれません。
最終目標がStephen Kingの私には、合っていたと思います。

作者はショートストーリーを得意とする方で、このお話のように怖いものから、面白いお話も書いているそうです。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Ruby the Red Fairy

Ruby the Red Fairy【レベル 2.0-2.5/総語数 4,000語】
話題のレインボーマジックシリーズ、第1巻です。

これは息抜きに良いですね~。読みやすいし、短いし、かわいいし♪寝る前に読むのにいい感じです。
丸も気に入ってます。丸は男の子だけど、ぬいぐるみとかかわいいものが好きなんです。
(逆に、仮面ライダーとか戦闘モノは苦手…)
新聞で邦訳の広告を見て、このシリーズの存在を知りました。確か、高田万由子さんが、娘さんとお気に入りで読んでいる、というお奨めコメントを寄せていたような記憶があります。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

多聴多読マガジン vol.3

多聴多読マガジン 2007年 04月号 [雑誌]待ちきれず、本屋に入荷を問い合わせたところ、福岡では3月8日に入荷予定とのこと。
丸&作をつれて、いそいそと買いに行きました。
まず最初に聴いたのは、Track12の「こども式シャドーイング教室」。
みなさん、シャドーイング上手だなー。私は全然だめ。できません(泣)。
最後の中矢さんの音読を聴いていた時、丸が、「これ、ウンチとおしっこ 捨てるお話でしょー?」と言いました。
前回のvol.2で、丸が興味深く見ていた、「Toilets Through Time」。しっかり覚えていたようです。
最近、丸が英語絵本の読み聞かせに興味を示さなくなって、停滞気味でした。
「英語だと、わからない~」ということもあるので、無理強いしないようにしてたのですが、耳は少しは育っているようです。少なくとも私が3歳の頃よりはだいぶマシ。
「レベル・ゼロからはじめる多読のすすめ」は、今後、参考になりそうです。

毎号一人でもいいから、多読歴の長い方の体験談を読んでみたいなー、と思います。(その方のお勧め本など…)
あと、快読快聴ライブラリの語数を知りたいな、と思っていましたが、今回からちゃんと記載されていました。
嬉しかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Baby

Baby【レベル 4.0-5.0/総語数 17,441語】

おきざりにされた赤ちゃんを引き取ることになった、主人公Larkin一家。
実はこの一家には、悲しい過去があったのです…

やっぱり、Patricia MacLachlanは、苦手でした~~。
2年前に、みなさんが絶賛されている「Sarah, Plain and Tall」を読んだ時、なんだか重苦しい気持ちになって、以来避けていたのです。
この本は、そのちょっと前に買ってしまっていて、「息子がBabyの時代に読んどかないと、ずーっと未読棚に残っていそう…」と、やっと重い腰を上げたのでした。
2年寝かせておいたから、私の英語力も少しはアップして、読みやすくなってるはず!
……しかし……
確かに、所々ぐっと来る場面はあるのですが、お話が淡々と進むのと、主人公の心情がよくつかめないのと、苦手な詩がでてくるのとで、なかなか波に乗れません。
単語はとても簡単なのに、英文もなんだか読みにくく、スッキリしない…
私の英語力が不足しているのか、感受性が不足しているのか??
あくまで一個人の感想でした。

日本語でしっかり読み直してみるつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

スカラで買い物 3

今回は主に私の本を購入しました。
アップルパイブッククラブさんにお願いするのは、これで3回目です。
1月18日発注→2月24日に品揃え完了の連絡→26日に代金払い込み→3月1日に我が家へ届きました。
今回買った本は以下の通り…

☆Rainbow Magic Pack☆
前々から興味があったレインボーマジックシリーズ!部屋に飾っているだけでもかわいい!
「Ruby the Red Fairy」
「Amber the Orange Fairy」
「Saffron the Yellow Fairy」
「Fern the Green Fairy」
「Inky the Indigo Fairy」
「Heather the Violet Fairy」
以上、6冊セット。

☆Eddie Dickens Pack☆
全く、予備知識なく、ただ私のレベルで読めそうなもの…ということで買ってみました。3部作みたいです。
「A House Called Awful End」
「Dreadful Acts」
「Terrible Times」
以上、3冊セット。

☆95セント絵本☆
「I Love Colors!」

送料無料で、10冊で3440円でした。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »