« July 2009 | Main | September 2009 »

The House With a Clock In Its Walls

The House With a Clock In Its Walls (Lewis Barnavelt)【レベル 6.0-7.0/総語数 38,688語】
「ルイスと魔法使い協会」シリーズの#1です。

とっても、とーっても難しかったです。
単語のレベルはそんなでもないんですが、なんでしょう?文体?
読みにくさの一番の要因は、1948年が舞台の時代物ファンタジーだったから。
読んでいて迷宮に入り込みそうだったので、図書館で翻訳を借りてきて、つきあわせて無理矢理読了しました。

1巻だったからなのか、黒魔術師との対決シーンは、えらくアッサリしてました。
全6巻だけど、続きを読もうという気には今はなれないです…ムリ(汗)

かなり前に買い込んでいた本なので、本のふちが黄色く変色していました。
背表紙には、8歳〜となっていて、ショックでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

The Invisible Fran

The Invisible Fran (Franny K. Stein, Mad Scientist)【レベル 2.0-2.5/総語数 4,196語】
Franny K. Stein Mad Scientistシリーズの#3です。

イラストはかわいいんだけど、うーん……。英語は非常に難しい。
レベル2のGRと比べると、かなり読みにくいです。
邦訳を読みなおしたくなったくらい、浅い理解で読みました。
それでもIgorのけなげさだけは、伝わってきましたcoldsweats01

自分の趣味について、クラスで発表することになったFrannyたち。
私の趣味は、今はやはり英語学習かな?
趣味の範囲から、なかなか脱せないのが悩みの種です。
ちなみに、夫の趣味は万年筆。
私も文房具は好きな方だけど、夫の熱中ぶりにはついていけないこともしばしば……
他人の趣味とは、そんなものでしょうか?

合計…1,941,605語になりました。
200万語まで、あと少し!!

関係ないですが、今、横で子供たちがハリー・ポッターごっこをしています。
作がハリー、丸がディメンターを演じてますcoldsweats02
ハリー・ポッターの5巻は読みかけで、途中から話が追えなくなって、投げてます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お尻に火がついた

夫の仕事で、来春、アメリカへ行く事になりそうです。
まだ、本決まりの段階ではないですが、1〜2年間の予定です。
はー、いつかこの日がくるとは思ってはいましたが、いよいよです。

英会話をおざなりにしてきた私。
この5年間、娯楽のための英語学習(主に読書)しかしていません。

てことで、最近は主に英会話の基礎作り。

<その1>音読パッケージ
英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本
8年前に買ったままだった本でやってます。
私の持っているのは、古い表紙の方です。

<その2>瞬間英作文
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
ただいま、中2英語のところをしています。

度胸をつけるために、英会話スクールにもちょっと通ってみるつもりです。
本当は、もっと洋書読みたいんだけどな。

子供たちは、丸7歳、作4歳で渡米する事になります。
知り合いで、アメリカに長期留学していた人が何人かいるので、いろいろ教えてもらうつもりです。
まずはパスポートの申請をしました。
まだ一度も海外に行った事ないんですよ、私coldsweats02


| | Comments (9) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »