« July 2010 | Main | September 2010 »

Ms. Hannah Is Bananas!

My Weird School #4: Ms. Hannah Is Bananas!【レベル 2.8/総語数 6,728語】

My Weird Schoolシリーズの#4です。
あ〜、このレベルだと心地よく読書ができます。
しかももうこのシリーズのキャラクターの性格、ストーリーの流れのパターンがわかって来たので、スルスル読めて、いい気持ちです。
このパターンに飽きて来たか、というと、逆に"はまってきた"感じ。
なので、もうしばらくこのまま読み進めてみましょう。

今回は美術の先生のお話でした。

ところで、先日、
丸…「僕は工作が大好きだから、工作の先生になりたいな。」
私…「そしたら工作の先生、目指せばいいやん。」
丸…「そんな仕事、あるわけないだろー!」

…いや、あるって。

なかなか将来の夢が決まらなかった丸ですが、7才にしてようやく、初めて、将来の夢が生まれました。
ちなみに4才の作は、「大きくなったら、お父さんになる。」と言っています。
具体化するのは、まだ当分先かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mrs. Roopy Is Loopy!

My Weird School #3: Mrs. Roopy Is Loopy!【レベル 2.8/総語数 6,540語】

My Weird Schoolシリーズの#3です。
今回は図書館の先生、Mrs. Roopyのお話。
Bo Peepも出て来て、「あ!Toy StoryのBoだー!」と、子ども達と盛り上がりました。
マザーグーズから来てるんですね。知りませんでした。

「Boは乱暴だから、暴って名前なの?」と子どもが言っていました。
確かに、ステッキでWoodyの首をグイっと引っ張るシーンは、印象的です。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

Nate the Great and Me: The Case of the Fleeing Fang

Nate the Great and Me: The Case of the Fleeing Fang【レベル 2くらい/総語数 2,692語】

Nate the Greatシリーズの#20です。
タイトルに"and me"がついているのは、君も探偵になって、一緒に謎解きに挑戦してみよう!というコンセプトからかな。
巻末にはPancakeのレシピも掲載。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Nate the Great and the Lost List

Nate the Great and the Lost List【レベル 2.1/総語数 1,585語】

Nate the Greatシリーズの#3です。
Rosamondがまた、いい味出しています。
朗読CDも借りてみましたが、Rosamondの声の部分が奇妙な感じで、キャラクターを良く表していました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Red Ghost

The Red Ghost (A Stepping Stone Book(TM))【レベル・語数 不明】

あまり得意ではないホラーです。
でも、これくらいの低年齢の子ども向けなら、そこまで怖くないかな、と思い読んでみました。
お話はそこまで怖くなかったんだけど、イラストが結構怖かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Flight of the Phoenix

Flight of the Phoenix (Nathaniel Fludd, Beastologist)
【レベル・語数 不明】

Nathaniel Fludd, Beastologistシリーズの#1です。
アマゾンをウロウロさまよっていて、イラストのかわいさ、ページ数、対象年齢にひかれ、読み始めました。
これが結構面白かったです!
適当に自分で選んだ本が当たりだと、嬉しいですね。

Nathaniel(通称Nate)は、ある日冒険家の両親が事故に遭い、行方不明になったと知らされる。
悲しみに暮れる暇もなく、すぐ親戚のおばさん(Aunt Phil)の家へ…
そこには奇妙な動物が待っていた。

章が細切れなところも良かったです。かわいい挿絵もありますよ。
そして主役の、気が弱いけれど真面目で優しいNateが、徐々に勇気を持って行動していく成長過程は、読んでいて気持ちよかった。
続きも読むぞー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Case of the Climbing Cat

The Case of the Climbing Cat (High-Rise Private Eyes)【レベル 1.9/総語数 1,314語】

The High-Rise Private Eyesシリーズの#2です。
とりあえず、読了記録。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Case of the Fidgety Fox

The High-Rise Private Eyes #6: The Case of the Fidgety Fox【レベル 1.4/総語数 1,473語】

The High-Rise Private Eyesシリーズの#6です。
とりあえず、読了記録。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Mercy Watson Something Wonky This Way Comes

Mercy Watson: Something Wonky This Way Comes
【レベル 2.0/総語数 2,197語】

Mercy Watsonシリーズの#6です。
これまでの登場人物勢揃いの#6です。
ポップコーン、おいしそうです〜
最近、我が家の子ども達の間では、ポップコーンとジュースとともにDVDを見るのが流行っています。
名付けて、”ファミリーシアター”。

主に見ているのは、コレ

トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]

トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]

Woodyを演じている声優さんは、俳優さんで一番大好きなTom Hanks。
Toy Story3は映画館まで見に行きました。
とっても面白かったので、早くDVDになってほしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mercy Watson Thinks Like a Pig

Mercy Watson Thinks Like a Pig【レベル 2.0/総語数 1,981語】

Mercy Watsonシリーズの#5です。
Mercyがお隣のお庭を荒らしてしまい、またもやEugeniaの怒りをかいます。
そしてEugeniaは、とうとう動物管理局に通報!
動物管理局のFrancine Pouletの体格がかなりいいですが、アメリカでは普通です。

| | Comments (60) | TrackBack (0)

Mercy Watson Princess in Disguise

Mercy Watson: Princess in Disguise【レベル 2.0/総語数 1,798語】

Mercy Watsonシリーズの#4です。
今回はハロウィーンで、お姫様に仮装するMercy。
最初は嫌がっていたものの、食べ物につられてしまい…
なんだかんだいいながら、いつも最後は一緒にトーストを食べているEugeniaです。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Ghostsitters

Araminta Spookie 5: Ghostsitters
【レベル 3.5〜4.0/総語数 23000語(概算)】
hanazoさんのブログを参考にさせてもらいました。

Araminta Spookieシリーズの#5です。
今のところ出版されているのは、この巻までなので、最終巻になるのかな。
せっかくのお誕生日なのに、大人達は旅行に行ってしまうし、ポルターガイストに家は荒らされるし、友達のWandaはいとこのMathildaと買い物に行っちゃうし…
今回も散々なAraminta。
しかも、大好きなゴースト、Sir Horaceが館を出て行くと言い出して!

シリーズ物をきちんと最後まで読んだのは、Big Fat Cat以来かも。
同じ作者のこんな本もあります〜

Septimus Heap, Book One: Magyk

面白そうだけど、めちゃくちゃ分厚い。
持久力が要りそうな本です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Having a Mary Heart in a Martha World

Having a Mary Heart in a Martha World: Finding Intimacy with God in the Busyness of Life【レベル不明/総語数 74,594語】

毎週木曜のBible Studyの課題本、ついに、ついに、読み終わりましたー!!
難しかったですよぅ。
聖書に興味があるものの、何度挫折しそうになったことか。
肝心のBible Studyでは、ネイティブの会話に全くついて行けず、借りて来た猫のように黙っておりましたが、全10回、欠かさず出席できたことはうれしいです。
聖書に良く出てくる言葉にも、ほんの少し慣れることができました。

辞書を片手に、何度も繰り返し読み、ノートに要点をまとめ、学生時代に戻ったかのような2ヶ月でした。
もちろん、間に児童書を読んでいましたけどね。
感想を書けるほど、しっかりとは読み込めていないのが残念です。
1000万語超えたら再読したいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vampire Brat

Araminta Spookie 4: Vampire Brat【レベル 4.0/総語数 25,000語】

Araminta Spookieシリーズの#4です。
毎回、Aramintaが気の毒でしょうがない私です。
Tabbyとその義母の関係が、かなり険悪で、ドキドキしました。

いとこのMaxを預かることになったSpookie一家。この子がかなり怪しい。
けれど、WandaはMaxと遊ぶ事に夢中。一人になったAramintaは一体どうする?
今回は新しいゴーストも仲間入り!
このシリーズも残すところあと一冊になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ricky Ricotta's Mighty Robot Vs. the Uranium Unicorns from Uranus

Ricky Ricotta's Mighty Robot Vs. the Uranium Unicorns from Uranus【レベル 1.7/総語数 2,160語】

Ricky Ricotta's Mighty Robotシリーズの#7です。
このシリーズ、大好きです!
#1から全部読みたいです。
展開はたわいもないし、ページのほとんどがイラストで占められているんですが,なにより英語が読みやすくて、オススメです。

今回はUranus、天王星からの敵と戦います。
Lucyの3匹のペットの存在が気になってしょうがありません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Too Many Cats

Too Many Cats (Step into Reading)【レベル 0だと思う/総語数 58語】

STEP INTO READINGのSTEP1です。
語数は自分で手カウントしました。
こんなに猫が集まったら、怖いね、と丸と言いながら一緒に読みました。
でも、丸は猫派らしいです。わたしは犬しか飼ったことしかないから、犬派かな。

ところでヒューストンでは野生のリスがウロウロしています。
病気をもっていることもあるそうで、かまれないよう近づかないようにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mercy Watson Goes for a Ride

Mercy Watson Goes for a Ride【レベル 2.0/総語数 2,176語】

Mercy Watsonシリーズの#2です。
この話、かなり怖い!
運転の苦手な私には、ハードなお話でした。
Mercy Watsonをあまりかわいいとは思えない私…。
お隣のEugeniaのシビアな目線に、一番共感してしまいます。

Mercy Watsonシリーズは、どこの本屋さんでも必ずといっていいほど並んでいるので、きっと人気があるんだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nate the Great Goes Undercover

Nate the Great Goes Undercover【レベル 2.1/総語数 1,530語】

Nate the Greatシリーズの#2です。
今回は、Nateくん、推理はしてないけど、体はってます!
この後の#3は、図書館に無いようなので、あとは順不同で読んでいくつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Bald Bandit

The Bald Bandit (A Stepping Stone Book(TM))【レベル 3.3/総語数 6,500語】

A to Zシリーズの#2です。
何年ぶりでしょうか。#1を買って読んでから、ずーっと読んでいませんでした。
どこのブログでも大好評のこのシリーズ。
これだけ長い間、なぜ続きを読まなかったのか、自分でも理由がわかりません。

つっこみ所はありますが、ハラハラさせるシーンも入っていて、やはり読みやすいですね。
これから順不同で、バラバラと読んで行こうと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイト、それはKindleのことです。
iPadにしようと決めていたんですが、今月発売の新しいKindleが、かなり良いようなので、「欲しいなぁ〜」オーラを出していたら、夫が「夫婦で二つ買う?」と、むちゃを言い始めました。
それには待ったをかけ、とりあえず、私だけホワイトを予約してもらい、様子を見て夫がブラックを買う事になりました。
私は洋書目当てですが、夫は和書をめちゃめちゃ買い込んで読む人なので、本の冊数を減らす事ができれば、と将来的に期待しています。
じゃないと自宅の床が抜けてしまいそうです。

それと、もう一つ。
来月にはポケモンの新シリーズ、ブラック&ホワイトがDSソフトで発売されますね〜。
丸は4才からポケモンにはまり、すでに3年目。
今、4才の作もお兄ちゃんの影響で、だいぶ詳しくなりました。
これも両方買っちゃうだろう、と思います。
丸がホワイト、作がブラックをする!…そうです。
この夏は旅行はできなかったけど、大出費だわ(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mr. Klutz Is Nuts!

Mr Klutz Is Nuts My Weird School【レベル 2.5/総語数 7,192語】

My Weird Schoolシリーズの#2です。
今度は校長先生、Mr. Klutzのお話。
どんどんエスカレートしていく校長先生に、途中からハラハラさせられましたが、子ども達も気づいてくれてよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »