« October 2010 | Main | December 2010 »

Meet the Gecko

Shredderman: Meet the Gecko

【レベル 2.7/語数 19,000語】

Shreddermanシリーズの#3です。
Geckoっていうキャラクターがなんなのか、最後までつかめませんでしたが、同じ作者の「The Gecko and Sticky: Villain's Lair」に出てくるのかな、と想像しながら読みました。
とにかくテレビドラマでの人気者のようです。
憧れの芸能人に会えることになった主人公Nolan。そこで怪しい人物に遭遇します。
後半、#1からの宿敵Bubbaとも、いい感じになります。
このまま上手く収束していくのか?次は最終巻です。

この本を読んでいる時に、夫が「Nerdってオタクのことだよ。」と教えてくれました。
そして、やっとつながりました!Nolanのあだ名がNerdなんですよね。馬鹿にされているあだ名なんだろうな…と漠然と読んでましたが、"オタク"だったんですねー。確かにパソコン操作に詳しすぎる小学生ですもん。納得、納得。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

In a Dark, Dark Room and Other Scary Stories

In a Dark, Dark Room and Other Scary Stories (I Can Read Book 2)

【レベル 1.3/語数 849語】

久しぶりに丸に読みきかせ。読みやすい短編集です。
登場人物の名前など、自分で読めない単語があると、丸にはストレスになるらしく、今、本のレベルを上げるのを躊躇しています。
学校からの課題本を見ると、レベル的にはおそらくRicky Ricotta's Mighty RobotとかNate the Greatは、いけるんじゃないかと思うんだけどなー。。。

長いThanks givingの5連休も、今日で終わりですが、あと3週間したら冬休みです。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

The Wyverns' Treasure

The Wyverns' Treasure (Nathaniel Fludd, Beastologist)

【レベル・語数 不明】

Nathaniel Fludd, Beastologistシリーズの#3です。
図書館にない、と思っていたら、ある日新刊コーナーに並べられていました。
多分入荷されたばかりだったんでしょう。すぐ借りてきました。
お話としてはシンプルなんだけど、結構単語が難しかったです。多分造語じゃないかと思うんですが、なじみが無い言葉が多く、波に乗り切れず読了まで時間がかかってしまいました。
#4は来春発売予定みたいです!
もうその頃は、私は日本にいるだろうな。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

The Naughty Nork

The Naughty Nork (Moongobble and Me)【レベル 2くらい?/語数 不明】

Moongobble and Meシリーズの#5、おそらく最終巻です。
Oggledy Norkにかけられた呪いを解くために、Moongobble達はFlitwick Cityに向け出発します。
面白かったんですが、こどもの迎えの待ち時間、車の中で読んでいたので、一日5分ずつくらいしか読めず、話に乗り切れませんでした。
でも、このシリーズは、本当に読みやすく、話も面白かったです!
子ども達がチャプターブックが読めるようになったら、ぜひ読ませてやりたい!…けど、あらすじを話しちゃったからな。忘れた頃に勧めてみようっと。

明日はThanks giving dayで、夫も仕事が休み〜
でもどこもお店が閉まっているだろうから、どこにも行けないかな。
アメリカの本屋さんには大概、スタバやシアトルズベストが併設されているので、本を買って、コーヒーを飲みながらまったり読書したい!んですが、なんせ、子ども連れ。DSしている時だけは静かだけど、それ以外は常にいちゃいちゃしている兄弟なので、なかなか難しいです。

| | Comments (75) | TrackBack (0)

Treasury of 100 Storybook Classics 2

4才の次男・作の英語の読みについて。
3月にアメリカに来て、8月の末にPre-Kがスタートするまで、ほとんど日本にいる状態と変わらなかった作。

そんな自宅待機中の作に劇的に効いたのは以前紹介したこちらのDVD。これでアルファベットの大文字・小文字をマスター。

そして読みは、こちらで多少できるようになりました。
Rock N Learn: Phonics 1 [DVD] [Import]Rock N Learn: Phonics 2 [DVD] [Import]

今はこの本で読みの練習中です。
Biscuit Phonics Fun (My First I Can Read)

ドラゴンボールのDVDは、日本語音声・英語字幕で見ていますが、時々英語字幕を自分で声に出して読んだりするので、もうちょっと読みの力をアップさせたいなーと思っていた所、Costcoでこちらを発見しました!

Treasury of 100 Storybook Classics 2 [DVD] [Import]

でもこれって字幕がついているのかどうかわからない。
一日悩んだ末、やっぱり買いに行っちゃいました。$49.99に8.25%の税金がかかって、$54.11。
現在の為替で計算すると、約4500円になります。
肝心の字幕ですが、全ての作品にはついていません。半分強の作品にはついているみたいです。
まだ見せていませんが、反応はどうだろう。効くかな?
興味を示さなかったら、私がイントネーションの練習に使います。

| | Comments (92) | TrackBack (0)

The Mischief Monster

The Mischief Monster (Moongobble and Me)【レベル 2くらい?/語数 不明】

Moongobble and Meシリーズの#4です。
#3で、魔法協会への入会を認められたMoongobble。
しかしカエルのUrkは、Moongobbleの下手な魔法でピンクのチビ猫に姿を変えられてしまったまま。
そこへ小さな女の子のモンスターがやってきます。
#5へとお話は続きます。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

Book Fair

学校のBook Fairに行ってきました。
スカラスティックの本を購入すると、収益の一部が学校への寄付となる…というものです。
学校のライブラリーで行われ、保護者も参加可との事だったので、とても忙しい水曜日でしたが、頑張って行ってきました。
本の種類はそんなになかったし、安くもなかったけど、2冊買ってきました。

Froggy Goes to Camp
丸が自ら選んだ本です。

Dragon's Halloween (Dragons)
作にも選んであげました。可愛い本です。表紙のDragonがDinosaurに見えて仕方ないですが。

子どもの本を選ぶとき、悩んでしまいます。
自分で選べればいいけれど、丸は結構慎重派で、少しでも難しそうと思ったら手を伸ばしません。
今は学校からの宿題で、毎日20分音読する本を、一人一人の生徒のレベルに合わせて先生が選んでくれているのでありがたいですが、帰国してからはどうしようかなぁ。
チャプターブックを読めるようになったお友達のお子さんは、本を選ぶ基準として、「1Pに知らない単語が5つ未満だったら、OK。」と先生にアドバイスをもらったそうです。

作は「僕は自分で英語を読める!」と思い込んでいるので、一人で勝手にうそっこ読みをします。
私が訂正することを嫌うので、どうしたものかと、これまた悩んでいます。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

The Evil Elves

The Evil Elves (Moongobble and Me)【レベル 2くらい?/語数 不明】

Moongobble and Meシリーズの#3です。
Moongobbleが、魔法使いになるための最後の3つ目のテストに挑戦します。
そのテストとは妖精達を惑わせている石を取り戻す事。
果たして結果は…??
ラストがすっきり。息子達にあらすじを日本語で話してやり、一緒に先を予想しながら読むのも楽しかったです。
でもまだお話は続きます。

最近、語数不明の本ばかり読んでいるので、語数がカウントを楽しみにしていた私には少しつまらない。

| | Comments (100) | TrackBack (0)

Mr. Docker Is Off His Rocker!

My Weird School #10: Mr. Docker Is Off His Rocker!【レベル 3/語数 7,660語】

My Weird Schoolシリーズの#10です。
定年退職した科学者が科学の先生として、A.J.の学校にやってきます。
楽しい先生ですが、ラストが尻切れトンボのように終わってしまいました。

| | Comments (94) | TrackBack (0)

Miss Lazar Is Bizarre!

My Weird School #9: Miss Lazar Is Bizarre!【レベル 3/語数 6,789語】

My Weird Schoolシリーズの#9です。
用務員のおばちゃんのお話。Missにおばちゃんは失礼か。
詰まったトイレを直してくれたMiss Lazarは、スーパーヒーローとして生徒達からどんどん尊敬されていきます。
さすがにこのシリーズ飽きてきたかな。
あと一冊借りているので、それが終わったらしばらくお休みします。

早いもので、11月です。来春には日本へ帰国になりそうなので、日々アメリカでできることはないか模索中です…丸がようやく学校に慣れてきたんですが。残念。でも早く帰りたい気持ちもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »