« June 2011 | Main | August 2011 »

丸 59〜70冊目

アメリカのコスコでまとめて買った本です。私はまだ一冊も読んでいないのですが…

丸59冊目
Just a Mess (Little Critter) (Look-Look)

丸60冊目
I Was So Mad (Little Critter) (Look-Look)

丸61冊目
Just for You (Little Critter) (Look-Look)

丸62冊目
I Just Forgot (Little Critter) (Pictureback(R))

丸63冊目
When I Get Bigger (Little Critter) (Pictureback(R))

丸64冊目
Just Shopping With Mom (Little Critter) (Pictureback(R))

丸65冊目
Just Me and My Babysitter (Little Critter) (Look-Look)

以下も同じシリーズですが、画像が出なかったので、タイトルだけ…
丸66冊目
What a Bad Dream

丸67冊目
Just Me and My Little Brother

丸68冊目
Just Me and My Puppy

丸69冊目
Just Going to the Dentist

丸70冊目
Just Me and My Dad


| | Comments (25) | TrackBack (0)

The Visitor

The Visitor (Animorphs)

【レベル 4.0-5.0/語数 32,079語】

アニモーフシリーズの#2です。
今回は、Rachelという女の子からの目線。
この子がなかなか男らしく、勇気と正義感にあふれた頼もしい子でした。
小動物に変身したときの恐怖心の描写が、一番印象的でした。

私はNHKスペシャルの「地球大進化」が大好きで、今でもDVDを良く見ます。
人類は歴史の中で、何億年もの間おびえた弱者として進化をとげてきました。
ということは、私達の脳には恐怖心の記憶が今も深〜くきざみこまれているんじゃないだろうか??
なんて、考えながら読みました。

#3は今日届いたところですが、ハリーポッターの続き(#5)も読みたいし、次何読もうか、考え中です。

| | Comments (74) | TrackBack (0)

Heather the Violet Fairy

Heather the Violet Fairy (Rainbow Magic)

【レベル 2.0-2.5/語数 4,000語】

つまんないな…と思いながら、シリーズ全7巻、読了しました。頑張りました。(?)
息子達も読む気配はないし、再読はあるだろうか…?

スイミングスクールのバスの中で広げていたら、さすがに小二の女の子達は興味持っていました。
「英語やけん、読めん。」と言っていたので、「日本語も出てるから、今度本屋さんで探してみて〜。」と宣伝?してきました。
スイミングスクールのバスで、丸も洋書を読んでいるんですが、他の子はあまり英語に興味ないようですね。スルーされています。
ゾロリとかドラえもんとか読んでいる時は、ものすごい横からくっついて見てますけど(笑)

| | Comments (47) | TrackBack (0)

丸 57〜58冊目

今回の2冊は、丸と一緒に私も読みました−。2冊ともほぼ同じくらいのレベルだと思います。

丸57冊目
Dragons do eat homework
【レベル 1.5くらい/語数 2,070語】
この本はアマゾンで見つけることができませんでした。
イラストがたくさんで、絵本仕様のペーパーバックでした。

丸58冊目
Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
【レベル 1.2-1.6/語数 1,968語】

10月の英検、受けさせてみようか検討中です。

| | Comments (67) | TrackBack (0)

The Case of the Beagle Burglar

The Case of the Beagle Burglar (Jack Gets a Clue)

【レベル 2.0-2.5くらい/語数 5,000語くらい】

初めて読んだ、Jack gets a clueシリーズの#1です。
面白かったです!
ちょっとおちこぼれ気味の主人公Jack、その親友の真面目なLeo、いじめっ子ガキ大将Trevor、そして鼻につく優等生タイプの女の子Elizabeth。
アメリカの児童書の典型的なキャラ設定ですね。
ある日、Jackが動物の言葉を理解できるようになってしまったところから話が始まります。
ほんのり謎解き要素もあり、楽しいですよ〜♪

英語も読みやすく、イラストも可愛いし、このシリーズは子供達にも薦めたいです。

| | Comments (77) | TrackBack (0)

Inky the Indigo Fairy

Inky the Indigo Fairy (Rainbow Magic)

【レベル 2.0-2.5/語数 4,000語】

Rainbow magicシリーズの#6です。
今回の妖精は少しやんちゃっぽい、ボーイッシュな感じで良かった。
子らのスイミングの待ち時間に読了。

| | Comments (79) | TrackBack (0)

Sky the Blue Fairy

Sky the Blue Fairy (Rainbow Magic)

【レベル 2.0-2.5/語数 4,000語】

Rainbow magicシリーズの#5です。
今回はかなり危なかった。妖精達が少し活躍します。

| | Comments (44) | TrackBack (0)

Fern the Green Fairy

Fern the Green Fairy (Rainbow Magic)

【レベル 2.0-2.5/語数 4,000語】

Rainbow magicシリーズの#4です。
今回は森の動物たちに助けてもらって、救出です。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

Saffron the Yellow Fairy(再)

Saffron the Yellow Fairy (Rainbow Magic: The Rainbow Fairies)

【レベル 2.0-2.5/語数 4,000語】

Rainbow Magicシリーズの#3です。
今回は黄色の妖精のお話。ハチに助けてもらいました。

| | Comments (93) | TrackBack (0)

Amber the Orange Fairy

Amber the Orange Fairy (Rainbow Magic)

【レベル 2.0-2.5/語数 4,000語】

Rainbow Magicシリーズの#2です。
再読かどうか覚えてない…
今回、レベル2ということで手にしたんですけどね。

……
はっきり言って面白くない(汗)
……

私が「面白くない…」と言いながら読んでいると、丸が「でしょ〜」って顔をするんです〜。
デルトラとかアニモーフとかは、謎やピンチがあって、それを知恵や勇気や友情なんかでクリアするのが楽しいわけです。
この作品には、そう言ったのが全くない。
フェアリー達は無力で何もせず、主人公の二人の女の子達も、行き当たりばったりでフェアリーと出会うだけという。
続きを持っているので、一応読み続けますが、本当に女の子達はこの本を楽しんでいるのかな??

今回は酷評でした。

| | Comments (86) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »