イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた

イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた (毎日の“気になる”をスクラップしよう)

ジュンク堂で衝動買い!
ほぼ日手帳の本も何冊も持っているが、きちんときれいにびっしり書いている人のノートを見るのが大好きな私。
こんなノートをつけてみたい。。。
可愛いです。
マスキングテープが欲しくなります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ほぼ日手帳2010

ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010

ほぼ日手帳の季節がやって参りました!
毎年上手く使いこなせず、来年はいらないかなーと思うのですが、ほぼ日手帳のページをみると、ついつい欲しくなってしまいます。
カバーは、2007年度に買った、オレンジの革をずっと愛用しています。
だいぶ薄汚れてきましたが……
夫は、私以上に使いこなしていて、「今年はカズンにしようかな?」と言っています。

夫が一年前に万年筆にはまってからは、私も万年筆で書くようになりました。
ほぼ日手帳の紙は、万年筆で書いても裏移りしない優れものです☆

私は人のノートや手帳を見るのが大好きで、特に好みなのは、ぎっしりきれいに書いてあるノート。
元とってるなー、と感心してしまいます。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

いくえみ綾 さん

潔く柔く 10 (マーガレットコミックス)子供の頃から少女漫画大好き!な私。
自分で描いていた時期もありました。
でも、結婚後、就職したり子供が生まれたり、洋書に興味が移ったりで、マンガから離れてしまいました。
そんな中、いまだに読み続けている作家さんが3人いて、その一人がこの、いくえみ綾さん。
毎日本屋に寄ってから帰宅する旦那も覚えていてくれていて、新刊が出ると買ってきてくれます。
最初は「いくえみ・あや?」と読み間違えていましたが。
(いくえみ・りょう・ですよ!)

先日、たまたま「潔く柔く」を9巻まで読み直して、「あー、わかった!つながった!」と一人納得していた時に、この10巻発売。タイミングよすぎ!
内容についてはあえて触れませんが、11巻が楽しみでたまりません。

いくえみ綾WORKSも、旦那が見つけてくれました。
母と読んでいた、「初恋ゴールの向こうがわ」とか、実家にまだあるんじゃないかなぁ。
自分が高校生のとき、「彼の手も声も」が連載中で、ノートに真似して描いてました。
手元には、「POPS」以降の本があるので、読み直してみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐竜の谷の大冒険

恐竜の谷の大冒険  (マジック・ツリーハウス (1))

6歳2ヶ月の丸が、初めて自分で小説を読みました。
ポケモンの漫画とか、ポケモンの攻略本とか、コロコロイチバン!とかは、これまで自分で読んでたのですが、活字率が高い本を自分で読んだのは初めてです。
母の本音としては、原書で読んでほしかった気もするけど、この翻訳版マジックツリーシリーズもなかなか良いです!
低学年向きの本なのに、漢字がたくさん使用されていて、しかもちゃーんとフリガナがついているんです。

ちなみに最近読んでた本をもう一冊。
これはまだ絵本に近い感じですが。
小さなりゅう

本は嫌いではないようなので、これからは自分で好きな本を選べるくらいになってほしいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

作 一歳

おかげさまで次男の作も一歳です。
今日は、麻しん風しんの混合ワクチンを受け、夜はお祝い♪
出産した産院から絵本のプレゼントまで届きました。
はらぺこあおむし
超有名なこの本。
実は持ってなかったんですよ。和書も洋書も。
だからうれしい!
丸は文字がだいぶ読めるようになったので、一生懸命読んでいました。

親の私達からのプレゼントはこちら↓
ピタッゴラスつみき
磁石でくっつくブロックです。かなり迷いました…
丸がすでにたくさんおもちゃを持っているからです。
結局主人が選びました。丸に相談したところ、「うん。いーと思うよ。作ちゃん気に入ると思う。」とOKが出たのが決め手になりました。
作にだけプレゼントを買い、少しやきもちを焼いた丸でしたが、「4月にお誕生日と入園のお祝いしてあげるから」と言い聞かせ、我慢させました。
イベントのたび、二つずつおもちゃ買ってたら、もう大変(汗)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ほぼ日手帳の秘密

お久しぶりです。
家探しから引越しまで、5月下旬からずっとばたばたしておりました。
そんなこんなで英語からも離れた生活でしたが、ようやくまた少しずつ読み始めています。

ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。

で、いきなり手帳の話なんですが…
去年、どなたか(忘れてしまいましたが)のブログで「ほぼ日手帳」の存在を知りました。
知ったときにはすでに品切れで入手できず、「でもまぁ、手帳に書くような予定もないし、英語日記もすぐ挫折したしなー。」と、あきらめをつけました。

今年、いつも伺っている雫さんのブログで「ほぼ日手帳」の記事を読み、改めてほしくなりました。
普通に売っている手帳は表紙はいろいろとかわいらしいのがありますが、開いてみると中の仕様はどれもにたりよったり。
「ほぼ日手帳」は個性的で、細部にこだわりがありそうです。
今回、引越しに伴う諸々の手続きなど、手帳を必要とすることが多々ありました。
加えて、これから丸の幼稚園入園準備、作の検診、予防接種の予定など、主婦にも色々と予定があるものです。
他にも、家計簿、献立表、買い物リスト、育児日記、冠婚葬祭(おつきあい)費、読んだ本のことなどなど、書き留めておきたいことがあります。
他の方の使い方を参考にしようと思って、「ほぼ日手帳の秘密」を読んでみました。
読んでみて、やはりイラストが入ると見返したとき楽しいなぁと思ったので、私もできるだけ描いてみるつもりです。
個人的には「tsunamix」の感想が載っていたのがうれしかった(笑)。
うまく使いこなせるかわかりませんが、とにかく一年使ってみようと、手帳好きの夫を巻き込み夫婦で注文しました。
私は革エンボス*マンダリンオレンジセット、夫は革タンニン*オリーブグリーンです。
早く届かないかなぁ。待ちきれない~。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

童謡

子どもとお母さんのための絵本 子どもとお母さんのための童謡 ないしょばなし 子どもとお母さんのための童謡 いぬのおまわりさん

本屋さんで(私が)一目ぼれ。
先に赤の本「ないしょばなし」を買ったのですが、丸がすこぶる気に入ったため、追加で緑の本「いぬのおまわりさん」も買いました。
もちろんCD(ないしょばなしいぬのおまわりさん)も合わせて買ったので、結構な出費でした。
けど、私も子供の頃童謡LPが大好きで、何度も何度もすりきれるまで聴いていたので、「ぜひ我が子にも!」と思って奮発しました。

最近の歌も入っていて、知らないものも結構あります。(特に緑の本の方)
イラストが全ていもとようこさんで、かわいくて〇です。
楽譜もついてます。
しいていえば大きくて重いのが難点かな?
それでも丸は「よいしょ、よいしょ」と運んでますけど。
iPodで聴いてます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ばぁばからのクリスマスプレゼント

実母から「丸君のプレゼントなにがいいかなー?」と聞かれると、私はおもちゃや洋服より必ず「絵本か図書カードがいい」と言ってしまいます。
母も絵本が大好きなので、よく送ってくれます。なので、うちにある日本語の絵本のほとんどは母からもらったものです。
今年のクリスマスプレゼントにも絵本2冊を送ってくれました。

まずはこちら。
クリスマスのころわん
クリスマスやサンタさんのことを知ってもらおうと選んだそうです。ころわんがサンタさんの帽子を拾ってあげるシーンが丸のお気に入り。

あらしのよるに
こっちはまだ難しいかな…
映画でのガブの声は中村獅童さんですよね。
以前NHKの「テレビ絵本」で「あらしのよるに」を獅童さんが朗読されているのを聞いて、本当に上手で感動したのを覚えています。その時は一人で朗読していたので、メイの声ももちろん獅童さんでした。きっとその時の評判が良かったから映画でも抜擢されたんでしょうね。アニメの絵もとってもかわいいし、ぜひ見に行きたいけど、身重の体で長時間の外出は無理なので絵本を読んでいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

はやいぞブンブン

はやいぞブンブンまた近所の本屋の方に、プレゼントしていただきました。
誕生日でもなんでもないんですが、「とってもかわいい本があったので、丸君に。」と言って、くださいました。
中には、丸と私の体を気づかってくれた言葉が書かれた葉書が。
以前は丸を連れて毎週のように本屋に通っていたのですが、最近私の体調不良でほとんど連れて行けなくなってたんです。
主人は仕事の帰りによく寄ってくるので、その時に渡されたそうです。
本当にかわいがってくださるので、丸もとてもなついています。

本は真っ赤なかわいい車が、走ったり、滑ったり、転んで汚れたり、洗われたり、まるで生きているかのように(丸そっくり!)”ブンブン”動き回る元気なお話。
丸も「ブンブン!」と言いながら、一緒に読んでいます。
男の子ってやっぱり乗り物好きだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

竹中平蔵の特別授業

竹中平蔵の特別授業―きょうからあなたは「経済担当補佐官」郵政解散でマスコミは騒いでおりますが、テレビの討論番組を見ていると、聞きたい話の時に限って司会者が話しを切るので、イライラしてしまいます。
マスコミの報道には偏りを感じるので、自分で本を読んで勉強してみることにしました。
といっても経済の入門書。
郵政民営化についての記述が少なかったのが残念ですが、学校でまともに経済を学んだことのない私でもさらっと読めました。
勉強になったし、そして「もっと知りたい」と思いました。
さすが大学の教員だっただけあって、竹中さんは説明がわかりやすくて上手です。

| | Comments (7) | TrackBack (0)