イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた

イラストで! 暮らし便利ノートの作りかた (毎日の“気になる”をスクラップしよう)

ジュンク堂で衝動買い!
ほぼ日手帳の本も何冊も持っているが、きちんときれいにびっしり書いている人のノートを見るのが大好きな私。
こんなノートをつけてみたい。。。
可愛いです。
マスキングテープが欲しくなります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ほぼ日手帳2010

ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010

ほぼ日手帳の季節がやって参りました!
毎年上手く使いこなせず、来年はいらないかなーと思うのですが、ほぼ日手帳のページをみると、ついつい欲しくなってしまいます。
カバーは、2007年度に買った、オレンジの革をずっと愛用しています。
だいぶ薄汚れてきましたが……
夫は、私以上に使いこなしていて、「今年はカズンにしようかな?」と言っています。

夫が一年前に万年筆にはまってからは、私も万年筆で書くようになりました。
ほぼ日手帳の紙は、万年筆で書いても裏移りしない優れものです☆

私は人のノートや手帳を見るのが大好きで、特に好みなのは、ぎっしりきれいに書いてあるノート。
元とってるなー、と感心してしまいます。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

いくえみ綾 さん

潔く柔く 10 (マーガレットコミックス)子供の頃から少女漫画大好き!な私。
自分で描いていた時期もありました。
でも、結婚後、就職したり子供が生まれたり、洋書に興味が移ったりで、マンガから離れてしまいました。
そんな中、いまだに読み続けている作家さんが3人いて、その一人がこの、いくえみ綾さん。
毎日本屋に寄ってから帰宅する旦那も覚えていてくれていて、新刊が出ると買ってきてくれます。
最初は「いくえみ・あや?」と読み間違えていましたが。
(いくえみ・りょう・ですよ!)

先日、たまたま「潔く柔く」を9巻まで読み直して、「あー、わかった!つながった!」と一人納得していた時に、この10巻発売。タイミングよすぎ!
内容についてはあえて触れませんが、11巻が楽しみでたまりません。

いくえみ綾WORKSも、旦那が見つけてくれました。
母と読んでいた、「初恋ゴールの向こうがわ」とか、実家にまだあるんじゃないかなぁ。
自分が高校生のとき、「彼の手も声も」が連載中で、ノートに真似して描いてました。
手元には、「POPS」以降の本があるので、読み直してみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ほぼ日手帳の秘密

お久しぶりです。
家探しから引越しまで、5月下旬からずっとばたばたしておりました。
そんなこんなで英語からも離れた生活でしたが、ようやくまた少しずつ読み始めています。

ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。

で、いきなり手帳の話なんですが…
去年、どなたか(忘れてしまいましたが)のブログで「ほぼ日手帳」の存在を知りました。
知ったときにはすでに品切れで入手できず、「でもまぁ、手帳に書くような予定もないし、英語日記もすぐ挫折したしなー。」と、あきらめをつけました。

今年、いつも伺っている雫さんのブログで「ほぼ日手帳」の記事を読み、改めてほしくなりました。
普通に売っている手帳は表紙はいろいろとかわいらしいのがありますが、開いてみると中の仕様はどれもにたりよったり。
「ほぼ日手帳」は個性的で、細部にこだわりがありそうです。
今回、引越しに伴う諸々の手続きなど、手帳を必要とすることが多々ありました。
加えて、これから丸の幼稚園入園準備、作の検診、予防接種の予定など、主婦にも色々と予定があるものです。
他にも、家計簿、献立表、買い物リスト、育児日記、冠婚葬祭(おつきあい)費、読んだ本のことなどなど、書き留めておきたいことがあります。
他の方の使い方を参考にしようと思って、「ほぼ日手帳の秘密」を読んでみました。
読んでみて、やはりイラストが入ると見返したとき楽しいなぁと思ったので、私もできるだけ描いてみるつもりです。
個人的には「tsunamix」の感想が載っていたのがうれしかった(笑)。
うまく使いこなせるかわかりませんが、とにかく一年使ってみようと、手帳好きの夫を巻き込み夫婦で注文しました。
私は革エンボス*マンダリンオレンジセット、夫は革タンニン*オリーブグリーンです。
早く届かないかなぁ。待ちきれない~。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

竹中平蔵の特別授業

竹中平蔵の特別授業―きょうからあなたは「経済担当補佐官」郵政解散でマスコミは騒いでおりますが、テレビの討論番組を見ていると、聞きたい話の時に限って司会者が話しを切るので、イライラしてしまいます。
マスコミの報道には偏りを感じるので、自分で本を読んで勉強してみることにしました。
といっても経済の入門書。
郵政民営化についての記述が少なかったのが残念ですが、学校でまともに経済を学んだことのない私でもさらっと読めました。
勉強になったし、そして「もっと知りたい」と思いました。
さすが大学の教員だっただけあって、竹中さんは説明がわかりやすくて上手です。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

しゃべらナイト(05/06/06)

ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選栗原はるみさんがゲストでした。
料理が苦手の私が、栄養士の友達から、つい最近すすめられたのが栗原さんの料理本。
簡単でおいしく作れるということで、一押しされたこの本をまず買ってみました。
確かに、私にもできます!!
この本は、写真がすごくきれいでおしゃれなので、見ているだけでも楽しいし、やる気が沸いてきます。

その栗原さんが、なんと英語にも挑戦されているとか。
やはりなんにでも努力される方なんだなぁ、とその姿勢に元気づけられました。
さすがカリスマ主婦と呼ばれるだけあります。
この回も保存しておこうっと。

ちなみに次回は、あの、「ダーリンは外国人」のトニーさんが出演!!
すっごい楽しみです。
Don't miss it!

| | Comments (17) | TrackBack (0)

のだめカンタービレ #12

のだめカンタービレ #12 (12)待っていた最新刊です!
ちょっと忙しくしてまして、発売日から数日たってからゲットしました。
本屋の平積みがかなり低くなっていたので、だいぶ売れた後だったみたいです。
アマゾンでもかなり売上上位に入ってましたね。
一ファンとしては嬉しい♪

今回は恋愛話もあり、ドキドキしちゃいました。
少女(?)漫画でドキドキしたのは久しぶりです。
千秋は、本当にかっこいいですよねー。
それにしても、のだめのフランス語の習得の早さには、頭が下がるばかり。
私もあれぐらいの情熱があれば…
のだめの英語版まだ注文していません。
早く読みたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

監督不行届

監督不行届久々におもしろいエッセイ漫画に当たりました!
夫が買ってきて、その日のうちに二人で寝転がって一緒に笑いながら楽しく読んでしまいました。
その後何度も読み直しています。
仲の良いアンノご夫婦の様子を見て、我が家の夫婦仲も良くなった気がします。
以前モヨコさんの密着取材をTVで見たとき、夫のカントクくんもちらっと出てきましたが、「なんか暗そうな人だなぁ」という印象でした。
でもこの漫画でかなり印象が変わりました。
すごくかわいらしい人なんですね。
世間のイメージを一新したモヨコさんの功績は大きいと思います。
一応一冊で完結していますが、続編を描いてほしいくらいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海野つなみファン

15年くらい前から私の大好きな漫画家さんが、海野つなみさんです。
ファンレターも出したことがあり、お返事も何度かいただきました!
かわいらしい絵も、読んだことがないような個性的なお話も大好きなんですが、なんといっても書き文字がとってもおもしろい!
深刻な話でも読めてしまうのは、この書き文字のおかげだと思います。
これまで年に1冊出るか出ないかのスローペースでコミックスを発表してきた海野さんですが、なんと今月二冊同時に発売されました!!
回転銀河 3 (3)
は、オムニバス形式の連載作品。姉弟の恋のお話は、実際弟のいる私は引いてしまうのですが、その他のお話は楽しく読んでます♪帽子を手作りしちゃうような女の子って素敵だなぁと思いながら読みました。4巻以降もでるようです。
tsunamix
は読みきり集です。偶然ですが、私が今読んでいるナルニアの話が一コマだけ出てきたので、びっくりするやら嬉しいやら。私の勝手なイメージですが、海野さんも川原泉さんと同じで本をたくさん読んでいる方のような気がします。この中では「リフォーム父さん」が一番好きでした。日常のふとした幸せに気づかせてくれるような作品でした。

確か兵庫県出身で、阪神大震災と関連したお話も描いていらっしゃたし、年末に大きな津波があった時は、PNとはいえきっと人一倍心を痛めたのでは…と思います。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

和みます

よつばと!(3)だんな推薦の漫画。この新刊がでたのを機に、1巻から通して読んでみました。
あずまんが大王も良かったんですが、「よつばと!」の方が私は好きです。
日常の出来事なのに、幸せがいっぱい詰まっている貴重な漫画です。
セリフが少ないので、あっという間に読んでしまうのがもったいないくらいです。
男女問わず、おすすめしたい1冊です。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧