The Wyverns' Treasure

The Wyverns' Treasure (Nathaniel Fludd, Beastologist)

【レベル・語数 不明】

Nathaniel Fludd, Beastologistシリーズの#3です。
図書館にない、と思っていたら、ある日新刊コーナーに並べられていました。
多分入荷されたばかりだったんでしょう。すぐ借りてきました。
お話としてはシンプルなんだけど、結構単語が難しかったです。多分造語じゃないかと思うんですが、なじみが無い言葉が多く、波に乗り切れず読了まで時間がかかってしまいました。
#4は来春発売予定みたいです!
もうその頃は、私は日本にいるだろうな。

| | Comments (63) | TrackBack (0)

The Basilisk's Lair

The Basilisk's Lair (Nathaniel Fludd, Beastologist)
【レベル・語数 不明】

Nathaniel Fludd, Beastologistシリーズの#2です。
楽しみに待っていた続き、またおばさんがNateに無茶させてます。
臆病者のNate、けど本当は勇気と正義感にあふれた少年なのです。
oilが大好きなGleasleも大活躍。
そして、Basiliskを放した謎の人物を追って、話はまだまだ続きます。
その続き、#3を借りようと思ったら、まだ図書館には入荷されていませんでした。残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Splat the Cat

Splat the Cat【レベル 0-1くらい?/語数 不明】

丸が学校の図書館で借りてきた本。
絵本の好みが私と似ているのは、なぜだろう?
私も一緒に楽しく読ませていただきました。
絵本にしては、読みやすい文章でした。

学校に行きたがらないSplat、最後は学校大好きに。
丸も早く学校好きになれ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Red Ghost

The Red Ghost (A Stepping Stone Book(TM))【レベル・語数 不明】

あまり得意ではないホラーです。
でも、これくらいの低年齢の子ども向けなら、そこまで怖くないかな、と思い読んでみました。
お話はそこまで怖くなかったんだけど、イラストが結構怖かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Flight of the Phoenix

Flight of the Phoenix (Nathaniel Fludd, Beastologist)
【レベル・語数 不明】

Nathaniel Fludd, Beastologistシリーズの#1です。
アマゾンをウロウロさまよっていて、イラストのかわいさ、ページ数、対象年齢にひかれ、読み始めました。
これが結構面白かったです!
適当に自分で選んだ本が当たりだと、嬉しいですね。

Nathaniel(通称Nate)は、ある日冒険家の両親が事故に遭い、行方不明になったと知らされる。
悲しみに暮れる暇もなく、すぐ親戚のおばさん(Aunt Phil)の家へ…
そこには奇妙な動物が待っていた。

章が細切れなところも良かったです。かわいい挿絵もありますよ。
そして主役の、気が弱いけれど真面目で優しいNateが、徐々に勇気を持って行動していく成長過程は、読んでいて気持ちよかった。
続きも読むぞー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Having a Mary Heart in a Martha World

Having a Mary Heart in a Martha World: Finding Intimacy with God in the Busyness of Life【レベル不明/総語数 74,594語】

毎週木曜のBible Studyの課題本、ついに、ついに、読み終わりましたー!!
難しかったですよぅ。
聖書に興味があるものの、何度挫折しそうになったことか。
肝心のBible Studyでは、ネイティブの会話に全くついて行けず、借りて来た猫のように黙っておりましたが、全10回、欠かさず出席できたことはうれしいです。
聖書に良く出てくる言葉にも、ほんの少し慣れることができました。

辞書を片手に、何度も繰り返し読み、ノートに要点をまとめ、学生時代に戻ったかのような2ヶ月でした。
もちろん、間に児童書を読んでいましたけどね。
感想を書けるほど、しっかりとは読み込めていないのが残念です。
1000万語超えたら再読したいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friend or Fiend? with the Pain and the Great One

Friend or Fiend? with the Pain and the Great One【レベル・語数不明/5〜9才対象】

The Pain and the Great Oneシリーズの#4だと思います。
相変わらず、読みやすいです。
相変わらず、姉弟仲悪いです。
今回は、親戚のゴタゴタ、友情の危機など、気持ちが暗くなる出来事もあります。
特に親戚の話の方は、読んでいて辛く、切なかったです。

我が家の兄弟(丸作)は、本当に仲が良いです。
「これだけが我が子の自慢」、というくらい仲が良い。
普通、年も近い同性の兄弟ならケンカをもうちょっとすると思うんですが、いつも一緒にくっついて、ケラケラ笑いながら遊んでいます。
抱っこしたり、されたり。相性が合うんでしょうね。
いつまで仲良くしてくれるかなー。
殴り合いのケンカになったら、母は止められそうにないので、頼むからいつまでも仲良くしといてほしい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Horrible Harry on the Ropes

Horrible Harry on the Ropes【レベル 3くらい?/総語数 不明】

Horrible Harryの比較的新しい本です。
この本では、Harryが男らしいところを見せてくれました!
読後感スッキリです。
HarryとSong Leeのカップルの様子も、ほほえましかったです。

| | Comments (34) | TrackBack (0)

Rainy Day!

Rainy Day!【レベル不明/391語】

Phonicsの練習本のように、同じ発音の単語が繰り返される絵本です。
丸は自力で半分くらい読めました。
手カウントしたら、286語でしたが、Amazonでは391語となっていました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Horrible Harry Goes Cuckoo

Horrible Harry Goes Cuckoo【レベル 3くらい?/総語数 不明】
 
Horrible Harryの新刊だと思います。
この本では本当に、騒動を起こす問題児Harry。
タイトルに偽りなしです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧